ここでは脛が痛い原因と病気、坐骨神経痛について詳しく説明しています。

坐骨神経痛という言葉を聞いたことは多いと思いますが、坐骨神経とは何か知っている方は少ないと思います。坐骨神経とは、腰椎の下部と仙骨の上部から出ている末梢神経で、腰辺りから太ももの裏を通って足まで伸びています。末梢神経の中でも最も太くて長い神経で、太さは鉛筆ほど、長さは1メートルほどもあります。


sponsored link




腰付近が痛む場合に単なる腰痛と混同されがちですが、坐骨神経痛の場合皮膚に近い場所に痛みやしびれを感じるのが特徴です。
坐骨神経痛とは、この坐骨神経の通り道に痛みが生じている状態を総称して言います。ですので、病気というより症状といった方が正しいです。

坐骨神経痛は坐骨神経が圧迫されて起こるものですが、この原因で一番多いのが椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアと聞くと、腰痛をイメージする方が多いでしょうが、実際はそうでない場合もあります。椎間板ヘルニアにより坐骨神経が圧迫され、腰が悪いのにも関わらず神経が繋がっている為、股関節に痛みを感じたり足がしびれたりするのです。
ですから股関節が痛む場合でも股関節が悪いわけではなく、もしかしたら椎間板ヘルニアの症状として現れている可能性も無きにしも非ずというわけです。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ シンスプリント

⇒ 下肢静脈瘤

⇒ 糖尿病

TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
suneitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。