ここでは内側の脛の痛みについて、詳しく説明しています。

脛の内側が痛い場合には、どのようなことが考えられるのでしょうか。
内側の脛が痛い場合によくあるのが、シンスプリントです。シンスプリントとは脛骨疲労性骨膜炎のことを指し、すねの内側の脛骨のラインに沿ってズキズキと疼くような鈍痛が現れるのが特徴的な病気です。これは筋肉の炎症ではなく、骨を覆っている骨膜に炎症が起こっている状態です。


sponsored link




【すねの内側が痛い特徴】

マラソンの選手などの走ることが多いスポーツにおいて、ほとんどがオーバーユースによって誘発するものです。またシューズが自分の足に合っていない、ランニングフォームが悪い、準備運動不足、偏平足や回内足なども原因として挙げられます。

通常は鈍い痛みを感じますが、ピリっと電気が走るような鋭い痛みが一点に集中するような場合は、疲労骨折を起こしている可能性もあります。

症状が軽いうちは運動時にのみ痛みを感じますが、症状が進行すると運動をせずとも普段から痛みが生じるようになります。

治療は程度によりますが、基本的に運動をやめ安静にすることが重要です。また炎症を抑える為、患部を十分に冷やすことも必要です。どうしても安静にすることが出来ない場合は、運動後に入念にストレッチを行い、患部の柔軟性を保つことも重要です。足の変形が要因となっている場合は、サポーターやテーピングを用いて固定するのも有効です。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 外側の脛の痛み

⇒ 脛の構造

⇒ 子供のすねの痛み

TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
suneitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。