ここでは脛が痛い時の対処法と治療について、詳しく説明しています。

脛の痛みを改善する為に必要な治療法を以下に挙げていきます。
【薬物療法】
【温熱療法】
【装具療法】
【運動療法】


sponsored link




【薬物療法】

薬は痛みを和らげる目的や、患部に起きた炎症を鎮める目的で消炎鎮痛剤を使用します。通常は副作用の少ない非ステロイド性抗炎症薬が使われ、症状の重いケースに限り鎮痛効果は大きいが副作用も大きいステロイド薬が使われます。
投薬は、湿布や軟膏などの外用薬タイプ、口や肛門から服用する内用薬坐薬タイプ、注射器にて患部に直接注入する注射タイプのいずれかを用います。また多くの場合これらを併用して行います。

【温熱療法】

患部を温めることで血行を改善し、炎症や痛みの原因となっている化学物質や疲労物質の循環を促進します。また温めることで固くなった関節の動きを柔らかくすることも目的とします。
ただし、外傷時などの急性に起こった痛みに対しては、温めると逆に悪化しますので、冷やすのが最善です。患部を冷やすことで炎症や腫れを抑えます。

【装具療法】

サポーターやコルセット、テーピングなどを用いて患部を固定・保護し、関節や筋肉の動きを補助する装具を装着します。これにより関節にかかる負担を軽減し、動かす時に起こる痛みを最小限に抑えることが出来ます。

【運動療法】

筋肉が衰えてくるとそれだけ関節の動きは鈍くなり、痛みを起こす原因となります。痛みがあるうちは運動は避け、安静にするべきですが、痛みが引いている間は適度な運動をすることで筋力を付けることも必要です。高齢者の方の場合は、ただ歩くだけでも十分な運動となりますので、ウォーキングも取り入れましょう。
また、運動前後のストレッチや体操を行うことで、筋肉を伸ばし関節を柔らかくすることも重要です。緊張している筋肉を伸ばし、関節の可動域を広げることで、怪我の予防にも繋がります。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ サポーター

⇒ 効果的な漢方

⇒ 効果的なツボ

TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
suneitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。