ここでは脛が痛い時の対処法と治療、サポーターについて詳しく説明しています。

すねの痛みに対して、治療と予防の意味ですねを保護するサポーターを使用することは効果的です。サポーターと言えば膝や足首、肘や手首などの関節に使用するのが一般的ですが、ふくらはぎやすね用のサポーターもあります。
ふくらはぎ・すねサポーターは膝のちょうど真下辺りからくるぶし辺りまでを保護するものや、すねの上部分を保護するもの、膝下から足指の根元辺りまで保護するものなど、色々なものがあります。購入の際は専門家と相談した上で、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。


sponsored link




またサポーターの目的は以下のようなものが挙げられます。

【患部を保護し固定する目的】

立ち上がったり歩いたりといった日常の動作において、患部を保護し関節や筋肉の動きをスムーズに動かせるように固定するのがサポーターの最大の目的です。これにより関節や筋肉の必要以上の動きは制限され、動きに伴う痛みは軽減されます。
ただし、長時間着用し続けたり締め付ける力が強いサポーターを選ぶと、かえって血行障害を引き起こしたり皮膚がかぶれて痒くなったりすることがあるので、過度の使用には注意が必要です。

【患部を温める目的】

サポータを装着することで患部の冷えを防ぐ目的もあります。温かいサポーターは患部の冷えを防ぎ、血行を改善して痛みを軽減してくれます。
こちらも上記と同様、長時間使用すると蒸れてかぶれたりすることもあるので、過度の使用には注意が必要です。また炎症を起こしている場合には、温めるとかえって症状を悪化させてしまいますので、注意して下さい。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 治療について

⇒ 効果的な漢方

⇒ 効果的なツボ

TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
suneitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。