ここでは外側の脛の痛みについて、詳しく説明しています。

脛の外側が痛い場合には、どのようなことが考えられるのでしょうか。
脛の外側が痛む場合でも、内側の脛の痛みと同じくシンスプリントの症状として現れていることが多く見られます。内側の場合は主に脛の下方3分の1に痛みが多いのに対し、外側の場合は脛の外側全体に痛みを感じることが多く見られます。


sponsored link




【変形性股関節症の可能性も?】

すねの外側が痛い場合に考えられる原因は他にもあります。変形性股関節症もその一つです。変形性股関節症とは、股関節の関節軟骨が姿勢の悪さや加齢などによって擦り減ったり歪んだりすることで股関節が変形し、足の付け根の痛みや腰の痛み、歩行障害などを引き起こすものです。

この変形性股関節症の初期症状として、すねの痛みを訴える方も居ます。「スネが痛いのに股関節に原因があるの?」と驚く方も多いのですが、すねが痛いからと言って脛の部分だけに原因があるとは限りません。変形性股関節症によって、本来は股関節にかからなければならない負担のシワ寄せが、脛の部分にかかってくるというわけです。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 内側の脛の痛み

⇒ 脛の構造

⇒ 子供のすねの痛み

TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
suneitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。