ここでは子供の脛の痛みについて詳しく説明しています。

子供が脛が痛いと訴えてきた場合に考えられる原因としては、
@どこかにぶつけたり転んで怪我をした
A成長痛によるもの
の2つが主に考えられます。@であれば見た目でも腫れや内出血のアザなどで大抵分かります。しかし目立った外傷もなかったり、夜中の寝る前や寝た後に決まって訴えてくる場合などはAの可能性があります。


sponsored link




【成長痛による脛の痛み】

成長痛と聞くと中学生から高校生くらいの成長期に限って起こるものと思われがちですが、実際には3歳や4歳などの幼児期や小学生の時期にも起こることがあります。
そもそも成長痛とは骨の成長に筋肉や神経が追い付かずに引っ張られるようにして痛みが発生するものです。いわゆる「牽引ストレス」と呼ばれるものですが、場合によっては泣いてしまう程痛がる子供も居るほどです。膝や足首などに起こることがほとんどですが、脛の辺りに痛みを感じることもあります。

【家庭で出来る対処法】

対処法としては、本来であれば痛み止めや湿布などを用いるものですが、さすったり軽く揉んであげたりすると痛みが治まることも多いです。さすったりやさしくマッサージしてあげることで痛みが治まるようであれば、問題ない安全な成長痛と言えるでしょう。

なかなか痛みが引かない場合や、痛みを我慢して患部をかばうような様子が伺える場合は注意が必要です。ただの成長痛ではない場合も考えられるので、異常を感じたら小児科か整形外科で診てもらうようにしましょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 脛の構造

⇒ 内側の脛の痛み

⇒ 外側の脛の痛み

TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
suneitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。