ここでは脛が痛い原因と病気、下肢静脈瘤について詳しく説明しています。

足に起こる静脈瘤を下肢静脈瘤と呼びます。静脈瘤とは、静脈の壁が薄くなり血管が瘤(コブ)のような膨らみが出来ている状態を言います。
下肢の表面には多数の静脈が張り巡らされていて、汚れた血液を心臓まで戻す役割を持っています。静脈の血管には血流が逆行しないようハの字型の弁がついていますが、様々な原因によって弁に機能障害が発生すると血液が逆流し、その場所では血液が溜まってコブが出来てしまいます。


sponsored link




下肢静脈瘤の原因は、元々の体質的な静脈壁の弱さ、遺伝的要因や妊娠、肥満、立ち仕事などが挙げられます。中高年の女性の方に多く見られます。

下肢静脈瘤の症状は、下肢のだるさやしびれ、疼くような痛み、浮腫(むくみ)などが挙げられ、次第に皮膚の変色や出血、潰瘍などが現れることもあります。足を挙上させると症状が一時的に引くような特徴もあります。

下肢静脈瘤の治療は、弾性ストッキングの着用による圧迫、マッサージによる血行改善などがあります。就寝時に足先にタオルや枕を敷いて足を挙上することも効果的です。症状が進行し保存的療法でも治療が難しい場合は、高張液を静脈瘤に注射する硬化療法や、障害が起きている弁の静脈ごと引き抜くストリッピング手術などが選択されます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 坐骨神経痛

⇒ 糖尿病

⇒ 痛風

TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
suneitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。