ここでは脛が痛い原因として、歩き方や走り方が悪い場合について詳しく説明しています。

趣味や健康生活を心掛けるという意味でも、最近ではウォーキングやジョギングをされる方も増えてきました。しかしウォーキングで歩くとすねが痛くなる場合や、ジョギングやランニングで走るとすねが痛くなる場合には、その歩き方や走り方に問題があるのかもしれません。


sponsored link




【歩き方走り方の悪い例】

悪い例を先にご紹介していきましょう。
・がに股
・内股
・猫背
・反り腰
・つま先歩き
・かかと歩き
・前のめりな態勢
・腕の振りが少ない
・一歩が大きすぎる
・一歩が極端に小さい
このような悪い姿勢での悪き方や走り方では、膝や足首や股関節などの関節はもちろんすねやふくらはぎなど足全体のどこかに負担がかかります。

【正しい歩き方と走り方】

そして良い例をご紹介していきます。
・背筋が伸びている
・重心が体の中央にある
・膝が適度に曲がっている
・歩幅が一定
・腕が自然に振れている
・顎は引いて肩の力は抜く
正しい歩き方と走り方のポイントはこのような項目が挙げられます。歩き方や走り方が歪んでいると体のどこかに常に負担をかけてしまうことになります。すねの痛みが姿勢からくるものであれば、歩き方や走り方を正せば痛みを感じることもなくなるでしょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ シンスプリント

⇒ 坐骨神経痛

⇒ 下肢静脈瘤

TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
suneitai★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。